アドセンス広告のクリック率を上げる効果的な配置とは?

アドセンス広告は、以前まで1ページに3つまでという決まりがありましたが、今では無制限に貼ることができるようになりました。

と言っても、記事の文字数が少ないにもかかわらず、広告がベタベタとたくさん貼っているようなサイトは読者に嫌われてしまいますよね。あなた自身が自分のサイトのイチ読者として客観的に見る視点も養っていきましょう。

では、アドセンス広告のクリック率を上げる効果的な配置について解説していきます。

アドセンス広告の効果的な配置とは?

今回は、1ページに広告を3つ配置する方法を解説していきますが、文字数が3000~4000文字と多くなる記事については、広告を4つに増やしてもいいでしょう。

私が今までブログアフィリエイトを実践してきて、一番クリック率が良かった効果的な配置がこちら。

まず、冒頭リード文の下(最初の見出しh2タグの前)に1つ目の広告を配置していきましょう。記事の目次が表示される仕様の場合は、目次の前に広告が表示されるようになります。

続いて、本文中の見出しの前に1つ広告を貼っていきます。文字数のバランスを考えて貼っていきましょう。例えば、見出しが4つあった場合、1つ目の広告を1番目の見出し上に配置するので、2つ目の広告は3番目の見出し上に配置してみるなど。

最後の広告は、あとがきや記事のまとめを書いた一番下に貼りつけていきます。

通常クリック率は1%あればいい方ですが、この広告配置にする前は1%を下回ることが多かったのが、この配置にしてからクリック率が1.5%にアップしました。広告の配置はバランスも大切になってきますので、適度に記事中に挿入していきましょう。

アドセンス広告を作成してみよう!

では、実際にアドセンス広告を作成していきましょう。アドセンス広告を記事中に貼り付ける際にとても便利なプラグインがありますので、そちらのインストールを行ってから、広告を作成してみましょう。

AdSense Managerの使い方と設定方法!アドセンス広告の作成方法も学ぼう

2018.01.10

後々、広告を配置した場所ごとにクリック率を調べられるように、記事上、記事中、記事下と3種類の広告を作成しておくといいですね。自分のブログはどの配置の広告が一番クリックされやすいのか傾向を調べられますので、その後のブログ運営に大いに役立つ情報になります。

ここは面倒くさがらずに1つ1つ広告を作成していきましょう。

『 auto ⇒ rectangle 』に変更することも忘れないようにしてくださいね。

効果的な配置をマスターしよう

せっかく広告を配置しても適切な場所に配置できていないと収益率が下がってしまいますので、ここでしっかりマスターしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です