トレンドアフィリエイトのライバルチェック3つのポイント

トレンドアフィリエイトでは記事作成をする前にライバルチェックをする必要があります。

ここを疎かにしてしまうと良質な記事が書けたとしても、ライバルが強いために上位表示できずアクセスを集めることができない記事になってしまいます。これは本当にもったいないです。

今回は、記事作成前にするべきライバルチェックの方法を解説していきます。

ライバルチェックをする必要性

トレンドアフィリエイトを行う上でアクセスを集めるためには「検索需要が大きくてライバルが少ない」キーワードを使う必要があります。

「記事ネタを選定⇒キーワード選定⇒ライバルチェック」という手順を踏んでいきます。この記事作成前の下準備にアクセスを集められるかどうかがかかっていますので、丁寧に行っていきましょう。

ライバルチェックの手順

まず、あなたが選んだキーワードで検索してみます。そこで表示されている検索結果で上位表示されているサイトを見るポイントが次の通りです。

大手のメディアサイトがないか

Yahoo!ニュースやLivedoorニュースなどの大手ニュースサイト、Naverまとめや2chまとめ、大手キュレーションサイトなどはSEOが非常に強く個人のサイトでは太刀打ちできません。下記の記事も復習しましょう。

トレンドアフィリエイトのキーワード選定の極意!これさえできれば怖くない

2017.08.25

タイトルにすべてのキーワードが含まれているか

あなたの選んだ3~4語のキーワード全てが上位表示されているサイトのタイトルに含まれているかチェックします。そのキーワードで検索した際にキーワードがすべて含まれている方が上位表示しやすくなるからです。

最低でもこの2点は確認するようにしましょう。大手メディアがなくタイトルにキーワードが含まれていなければ、ライバルレスですから記事作成に入っていきましょう。

では、大手メディアはなかったが、タイトルにすべてのキーワードが含まれているサイトがある場合はどうなるでしょう?

競合サイトの強さ

上位表示されているライバルサイトと自身のサイトを比べてみてSEOの強さで判断していきます。

チェックポイントは以下の通りです。

  • 記事数
  • 記事内容(文字数)
  • 投稿日時
  • アクセス数

これらを確認した上で、上位表示可能だとわかってから記事作成に取りかかります。ただ、投稿日時が古い場合は新しい記事を上位表示させる傾向にあるので(もちろん、内容も重視)積極的に狙っていきましょう。

ライバルチェックははじめのうちは面倒に思うかもしれませんが、せっかく書いた記事を無駄にしないためにもしっかり行っていくようにしましょう。ただ、ライバルチェックに時間をかけすぎて記事を書く時間がなくならないようにバランスには注意してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です