革命のファンファーレ【感想・レビュー】ビジネス書として何度も読みたい!

私が初めて読んだ西野亮廣さんの本は「魔法のコンパス」でした。芸人キングコング西野としてテレビで見たことはあっても、起業する前の私は彼に興味はありませんでした。

自分でビジネスをするようになって、様々な人に出会い、全く知らない価値観に触れ、たくさんの本を読みました。

その中で起業家仲間から勧められた1冊に西野さんの魔法のコンパスがあって。この時はじめて西野さんの書いた文章を読みました。めちゃくちゃ刺激的で面白かった―

そんな西野さんが書いた本だからと「革命のファンファーレ」は予約購入。すっかり忘れた頃に送られてきました(笑) 後からサイン本にしておけばよかったとちょっと後悔はしましたが。。。

今回は革命のファンファーレの感想を綴っていきたいと思います。

革命のファンファーレの最後の章

おわりにの前の最後の章、

踏み出すのに勇気は要らない。必要なのは「情報」だ。

多くの人が「行動する勇気を持て!」「一歩踏み出すには勇気が必要」などといいますが全くの反対意見。私も勇気が要らないってどういうこと?と読みすすめると、すごく納得できました。

本書では、子供の頃に1人で乗れなかった電車に、今乗れるのは「電車の乗り方」という情報を手に入れたからだ、と。確かに私たちは知らないことに対して行動するという局面では躊躇してしまいます。

ネットビジネスという言葉を聞いただけで、なんとなく怪しいとか胡散臭いとか感じてしまうのもまさにそう。webを使ったビジネスを知らないだけだと思うんです。

私自身がそうだったので、怪しいという不安な気持ちを抱いてしまうのもよくわかります。

ただ、西野さんの言葉を借りるならば、とっとと情報を仕入れたほうがいい。んですね。

もし、あなたが今、行動を起こせていないことがあるなら、情報収集を怠ってはいけないんです。勇気がないからではないんです。

さらには

行動しない人間はアホである

とまで言い切っちゃってますから。

私もそうでしたが、行動を起こす前ってウダウダいろいろなことを考えちゃうんですよね。でも大抵は稀有に終わってしまいます。

行動したからこそ手に入る情報や体験がまたひとつ自分にプラスされる。それだけでわくわくしませんか?

行動しよう。
失敗したら、取り返せばいい。
大丈夫。

革命のファンファーレの最後の言葉。西野さんの思いを感じます。これからの時代を生き抜くために行動していきましょう!

西野亮廣さん応援してます

実は西野さんと同い年でした(^^

何かするとメディアでたびたび炎上したり、叩かれたりする西野さんですが、着実に西野さんファンは増え続けているように思います。私もそのひとり。

これからも時代の先を読んでどんどん突き進んでほしいなと思うと同時に、私もまだまだ頑張っていかないといけないなと思いました。

西野さん、これからも応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です