専業主婦で起業した3つの理由!子育てママも起業しよう

子育てママ

最近では、専業主婦でも起業してみたいと考える向上心あふれる女性も多くなりました。とは言っても、主婦が起業するというのは世間的に見てもまだまだマイノリティかな、と。

そんな中、私は子育てしながら専業主婦で起業して、会社に属さず、時間に縛られず、自由にビジネスを楽しんでいます。今回は、私が専業主婦で子育て中にもかかわらず起業した理由をお話したいと思います。

起業への道

女性は結婚、妊娠、出産などで今までのキャリアや生活を大幅に変更せざるを得ない局面に陥ることがありますよね。

かく言う私も妊娠を機に仕事を辞めた過去があります。息子を妊娠中に切迫流産になってしまったんです。次に決まっていた仕事は泣く泣く辞退することにしましたが、幸い無事に息子を出産することができました。働こうと思えば働けたかもしれませんが、初めての妊娠・出産だったこと、切迫流産になったことで職場に迷惑がかかるという気持ちからの決断でした。

元々、子供が3歳くらいまでは自分のそばで成長を見守りたい!という気持ちもあって、それまでは専業主婦で子育てをがんばろうと思い直してました。実際、子供の成長を間近で感じられるのは何ものにも代えがたいものでしたね。

ただ、専業主婦で子育てをしていると、いざ再就職するにしてもパートで働くにしても、子供がいるというだけで働き口がなかなか見つからないのも事実でした。雇い主側からすれば、「子供の病気で休みます。」と言われる可能性が高い主婦より若い独身の女の子の方が都合がいいわけです。

さらに、働き口が見つかったとしても、子供の行事や体調次第で休みの申し入れをしないといけません。事前にわかっている場合はいいですが、突発的な病気はどうしても当日になってしまいます。

とある友人の話ですが、スーパーのレジ打ちのパートをしていました。子供が病気がちで、度々休みが重なりシフト変更をお願いしていたところ、別のパートさん達から苦情が出てしまって結局居づらくなり辞めてしまったんです。

子育てママが外で働くというのは、子供が小さいというだけでハンデを背負ってしまいます。女性が働きやすい環境と政府がうたっていても、実際のところはまだまだ整備が追い付いていないのが現状ですよね。

他には、待機児童問題もありますから働きたくても働けないママが悲鳴を上げています。

私が起業した一番のきっかけはプロフィールでもご紹介していますが、将来かかるであろう子供の教育費に不安を感じたからでした。

起業した3つの理由とは

上でも述べましたが、

  • 子供のこと
  • 仕事のこと
  • お金のこと

この3つを考えると、外で働くという選択肢がなかったんですよね。

  • 子供の成長を近くで見守りたい
  • 子供にお金の苦労はさせたくない
  • お金で悩みたくない
  • 仕事で人に気を遣うなんてイヤ
  • 主婦でもママでも収入を得たい
  • 仕事をして社会とつながっていたい
  • 自由な時間もほしい

かなり甘ったれな考えかもしれませんが、子育てをしながら自宅で働くことができたらとその方法を探した結果が主婦起業でした!

専業主婦でも子育てママでも起業できる方法とは?

起業というとすごく難しそうと尻込みしてしまいますが、起業の第一歩は「ブログを書く」ことから始まります。

ブログなら書いたことがあるというママもいるでしょうし、全然わからないという方もいると思います。私もブログを全く知らないところからのスタートでしたが、今では主婦&起業家として活動できています。

詳しい内容は無料メルマガにて配信しているので登録してみてください(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です