結婚を機に退職して後悔するあなたへ!つまらない日々を変える方法とは?

女性は様々な理由から結婚を機に退職する人がいます。仕事が嫌で嫌で辞めた人もいれば、ご主人の転勤でキャリアを諦めざるを得なかった人もいるでしょう。

結婚を機に退職して後悔しているからこそこの記事にたどり着いたのでしょうから、退職した理由はどうあれ、今後悔している自分をどうにかしたいと感じているのではないかと思います。

仕事をバリバリしていたなら、専業主婦の毎日をつまらないと感じているのかもしれませんし、自分のお給料がなくなったことでお金の不自由を感じているかもしれません。

私は結婚してすぐに退職したわけではありませんが、当時勤めていた会社は残業が多く、主人の帰りの方が早いことも多くなり、家事をきちんとできてない自分が嫌になり、最後は原因不明のとある症状を理由に退職しました。

専業主婦のつまらない毎日も経験していますし、退職前は仕事をバリバリこなしていました。今は子育てをしながら『起業』という道を歩んでいますので、何かしらあなたへの現状を変えるきっかけの1つとして引き続きお読みいただけたら幸いです。

結婚を機に退職して後悔する理由

結婚を機に退職して後悔する理由って、退職した理由によるところが大きいと思うんです。

例えば、残業が月100時間を超えていて精神的にも肉体的にも限界-そんな会社で働いていて彼から突然プロポーズなんてされたら、会社辞めてやる!と思ってもおかしくないな、と。

こんな感じで退職を決意した場合、仕事のストレスがなくなるだけで毎日が天国になると思います。貯金もそこそこあるし、今までできなかったことバァーっとやるかみたいに。もちろん、ずっとそんな気持ちでいられるかはわかりません。人って良くも悪くも慣れてしまう生き物ですから。

とここまではA子の話。次は同じ会社で働いていたB子。

B子もA子と同じく月の残業時間は多かったけれど、仕事が大好きでやりがいを感じていました。まだまだスキルアップもしたいし仕事はずっと続けていきたい。そう思っていた矢先に彼の転勤が発覚。

お互い結婚を意識する年齢ではあったし、いつかは。。。と思ってはいたけれど、彼から結婚して一緒に来てほしいと言われて、泣く泣く今までのキャリアを捨て彼と新天地で新しい生活をスタートさせました。

となると、B子の方が圧倒的に退職したことを後悔するわけです。

A子も時間が経てば、仕事をしていた頃を懐かしく思うこともあるだろうし、また何か働きたいと思うかもしれない。辞めたことを後悔することだってあると思います。

ただ、B子の場合は退職したくなかったという前提があって、結婚を機に退職したので、やっぱり後悔してしまったんですよね。だからといって、彼と別れることは考えられなかったし、もし仮に彼ではなく仕事を選んでいたとしても、その先結婚できる相手が見つかるとも限りません。時が経って、彼についていけばよかったと思うこともあったかもしれない。

あなたはA子ともB子とも状況は違うかもしれませんが、あなたなりの会社を退職した理由がきっとあるはずです。私のように体調を崩して続けられなくなるパターンもありますし、会社の人間関係に疲れて辞めた場合もあるでしょう。

やむを得ない理由もありますが、結婚を機に退職することを決意したのは誰でもないあなた自身だということをまずは思い出しましょう。会社のせい、上司のせい、彼氏のせい、環境のせいだと思うのは自分は悪くないと思っているから。環境のせいにしてしまえば、なんとでも言い訳ができるから。

心の奥にそんな気持ちが見え隠れする気がします。「周りのせいで私は仕事を辞めないといけなかった。」と思い続けていると、いつまで経っても退職した後悔から抜け出すことができないし、現状いま何をやってもつまらないと思います。

B子のように、彼をとるか仕事をとるかの選択を迫られるととっても苦しいですが、それでもB子は仕事よりも彼との未来をその時は選んだんですから。

誰だって、「あの時、こうしておけばよかった。。。」と後悔することって必ずありますよね。私は何度か転職を経験していますが、「あの時。。。」と思ったことは一度や二度ではありません(笑)

でも、その選択の1つ1つが今のあなたを作っているということを忘れないでください。その上で、後悔しているつまらない毎日をどうやって変えていくのかを考えてほしいと思います。

つまらない日々に彩りを!

A子とB子を軸にお話をしてきましたが、いかがだったでしょうか?今の自分と似通った点はありましたか?

「うんうん、わかる。」という人も「私は全然違う!」という人も自分はこうだったな。と退職を決意した時を振り返ってみてほしいと思います。その上でどうするのか?

私がおすすめする方法は、「なぜ今、毎日がつまらないのか?」を徹底的に自分に問いかけてみる方法です。なぁんだと思わずにもう少しだけお付き合いください(^^

A子の場合は、とにかく仕事が嫌でしょうがなかったですから退職してしばらくは後悔なんてしていませんでした。でもしばらく経つと、毎日暇な時間を過ごすことが嫌になってしまったんですよね。

特に趣味があったわけでもないし、友人とランチしようにもみんな働いてて会える時間帯が変わっちゃったし、なぁんか刺激が欲しいというかつまんない毎日をどうにかしたくなったんです。となると、仕事辞めたことを後悔したくもなるわけです。

ここで、新しく仕事を始めるのもいいと思います。前職は自分のやりたいことじゃなかったと自分のやりたい仕事を探してもいいし、もっと条件のいい会社にチャレンジするのもいいでしょう。それはB子も同じ。やりたい仕事で積みあげてきたスキルがあるのなら、同じ業種で再就職を検討してみてもいいと思うんです。

しかし、女性ならでは問題がここには立ちはだかるんですよね。

妊娠です。結婚を機に退職したということは、いずれ子供を持とうと思いますよね。となると、簡単に再就職というわけにもいかなくなるわけです。計画的に妊娠することもある程度可能ではありますが、子供はあくまでも授かりものですから絶対ということはありません。

女性はここで再び、子供か仕事かと選ばないといけなくなるわけです。男性がうらやましくなってしまいますよね。

でも今はどちらも選べる時代です。会社に行くだけが仕事じゃないですし、在宅でできる仕事もたくさんあります。個人でビジネスをする人も珍しくなくなりました。まずは、今の自分にはどういった働き方の選択肢があるのか知ってみてください。

私はwebを使ったビジネスに出会ったことで、子育てをしながらでも自宅で起業するまでになりました。働き方の選択肢が増えると今の自分にいい方法が見つかる確率が上がりますよ。

今は以前の私と同じように、子供が小さいから外に仕事にいけないママや仕事にやりがいを見い出したい方、会社員をしながら副業に取り組みたいという方々からお問い合わせをいただけるようになりました。もしご興味がありましたら、私の無料メルマガに気軽に登録してみてください。

後悔しているだけでは何も変わりません。あなたの人生はあなただけのものですから、やりたいようにやってみていいのではないでしょうか。あなたの何かの気づきになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です