専業主婦のつらいことは育児や家事じゃない!本当に辛いのは孤独!

専業主婦というだけで、つらいことって結構ありますよね?

私も専業主婦歴は数年ありますが、「育児や家事がつらい!」と言うと、それだけで主婦失格みたいな烙印を押される、そんな感覚がありました。

でも、育児や家事以上に専業主婦をツラくさせることがあったんです。

専業主婦の本当につらいこと

自分がない|空虚感・孤独感

「○○ちゃんのママ」「○○さんの奥さん」と呼ばれ続けていると、気づけば自分の名前で呼ばれることってホントなくなります。

たまに会う実母と義両親くらいですよ( ゚Д゚)

新婚の頃は「○○さんの奥さん」なんて呼ばれてちょっぴり気恥ずかしかったものですが、そんなのは最初のうちだけ。

次第に、

「私って誰かの付属品なの?」
「自分がないような気がする。。。」
「私の人生ってこのまま終わるの?」

と何とも言えない虚しさが募りました。

傍から見ると、優しい旦那様と可愛い子供に恵まれて幸せそうに見えていても、専業主婦のあなたが幸せを感じていなかったらツラすぎますよね。

でも、見た目が恵まれているとなおさら、「ぜいたくな悩みだね」と軽くあしらわれそうで誰かに相談することもできない。

誰にも自分のことがわかってもらえない孤独感に押しつぶされそうになることもありました。

ホント贅沢な悩みかもしれませんが、元々独身時代にバリバリ働いていたキャリアウーマンであったり、自分のキャリアを諦めて専業主婦になっていたりすると、なおさらその傾向が強い気がします。

収入のない辛さ

専業主婦は外に働きに行っていませんから、自分でお金を稼いでいない現実があります。

自分の洋服や化粧品1つ買うにも、夫が稼いだお金を使うことに躊躇してしまったり、抵抗があったり、申し訳なく感じてしまったりするんですよ。

とある友人の話ですが、厳しい旦那様だと、逐一了承を取らないといけなかったり、買ったものに対して「何で買ったの?」なんて平気で聞いてきたり(ケチケチするなーと言いたくなりますが笑)なんてこともあるそうで。。。

もちろん、優しい旦那様であっても、専業主婦の身からすると「使っていいよ!」と言われても使えないんですよ((+_+))

家計のことを考えてしまったり、このお金で子供に何が買ってあげられるとか考えてしまったりするんです。

自分で稼いでいた頃は自分のために自由に使えていたお金。気にしたこともなかったのに。。。とこれまた専業主婦を悩ませます。

社会からの孤立感

専業主婦になった経緯は人それぞれだと思います。

  • 子供ができて仕事を辞めた
  • 夫の転勤でキャリアを諦めた
  • 夫に家にいてほしいと言われた
  • 専業主婦に憧れて

などなど。

理由はいろいろあると思いますが、専業主婦になると極端に会う人が減ります。子供を妊娠して専業主婦になったならなおさらです。

私がまさにそうでした。

息子の妊娠を機に家庭に入り専業主婦になりました。その後、息子が幼稚園に入るまでの4年間、専業主婦でした。

専業主婦になると外に働きに行きませんから、外部の人と接触することがほとんどなくなります。会うといっても近所の人だったり、親族だったり。

子供が産まれると、最初の頃は慣れない子育てにいっぱいいっぱい。息子が赤ちゃんの頃は、丸1日まともな会話をしていないなんてこともありました(主人が残業だったり、出張だったり)。

もちろん、アクティブに外へ出ていけばいいんでしょうが、小さい頃の子連れの外出は何かと大変です。

そして何より、社会から必要とされてないと感じてしまうんですよね。ここでもまた孤独を感じてしまう。。。

仕事をしていた頃は収入もありますし、誰かの役に立っている、仕事してる!と何かしら社会へ貢献できていると感じることができます。

専業主婦だって、夫が外で気持ちよく仕事ができるようにサポートして家庭を守っているわけではあるんですが、そこにお金という対価がないのでなかなか感じにくいですよね。

久しぶりにバリバリ働いている友人とランチした時は、もう打ちのめされました( ノД`)シクシク…

仕事をしているというだけで友人(元同僚)がキラキラ見えたのは言うまでもないですが、「頭の回転遅くなったんじゃない?」と言われた時はかなりショックでした。

脳の使わない部分はどんどん退化すると言われてますが、この時ほどゾッとしたことはありません。専業主婦になり、仕事をしてないと日常から『考える』ということが極端に減ってしまっていたんだと気づかされました。

専業主婦でも、家庭以外に外とつながれるコミュニティ(趣味など)は必要です。社会とのつながりってホント大切ですね。

犠牲になっている気がする

これは専業主婦なら誰しも感じたことがあると思います。

夫の転勤でキャリアを諦めたり、結婚と同時に家庭に入ったりすると、「何で私だけ??」と思いませんでした?

仕事を続けられなかったことへの後悔が残っていたり、仕事が好きであったりすればなおさらだったと思います。自分だけ犠牲になっている気がしますよね。

妊娠して専業主婦になると、出産後は子育ての日々が始まります。

慣れない育児で寝たい時に寝れず、やりたいこともできず、トイレに行くことすら簡単じゃない!!

夫は仕事で子育てはほとんど妻の自分の役目。中には逆の方もいらっしゃいますが、主夫もやはり大変さは変わらないと思います。

もちろん、全く子育てをしない父親はいないと思いたいですが、積極的に子育てに関わってくれていても子育ての比重はやっぱり家にいる母親の方が多くなってしまいます。

すると、ぐっすり眠る夫を横目に寝てくれない子供を抱っこして、薄暗い部屋の中を1時間以上ウロウロしながら寝かしつけをしたりしてると「何で私だけ??」ってなりますよね!!

久しぶりに家族で外にご飯を食べに行っても、子供に食べさせるのに一生懸命で自分のご飯はいつも冷めてからしか食べられなかったり。

それもこれも、「自分は専業主婦だから我慢しなきゃ!」と思いこんでしまうからだと思います。

そう思ってしまうのは、

  • 外で仕事をしていないから
  • お金を稼いでいないから
  • 家にいるのに
  • 夫に悪い

そんな気持ちからかもしれません。

育児や家事ももちろん大変

タイトルに「専業主婦のつらいことは育児や家事じゃない!」なんて謳っていますが、いやいや育児も家事も大変ですよ!!

子供はかわいいし、家事も大好きという人もいますが、専業主婦には基本休みがありませんからどこかで疲れてしまいます。

育児も家事も専業主婦だけでやる必要はないですし、旦那様にももっともっと積極的にかかわってもらえばいいわけです。

「でもでも。。。」
「そうは言っても。。。」

「わかります、わかりますよ~~(*´ω`*)」

上で取り上げてきたことは、専業主婦のままだと解消されにくい問題ばかりです。

気持ちの部分がかなり大きいわけですから、現状を変えるほかないと思います。

  • パートに働きに出る
  • 資格取得に挑む
  • 正社員を目指す
  • 在宅の仕事を始める

など。

ともかく、現状のままでどうにもならないのなら、動き出すしかつらい専業主婦を脱する術はないと思います。

何もせずに、ただただ専業主婦はつらいと思いながら、これから先、過ごしていく方がよっぽどつらいですよね。専業主婦であるあなたが何か行動を起こさない限り、誰も窮地から救ってくれるはずはないのですから。

心の声に耳を傾けて、自分自身をもっと大切にしてあげましょう。

専業主婦がつらいと孤独を感じるあなたへ

私は専業主婦の頃にブログに出会いました。簡単ではありませんでしたが、起業して今では主人の収入を超えるほどになりました。

ありがたいことに日本全国から、そして海外からも同じような専業主婦の方や子育てママ、ワーママからメッセージをいただけるようになりました。

今は自身のコミュニティを持って、以前の私と同じような方々にコンサルティングをさせていただいてます。

詳しいプロフィールについてはこちらからご覧ください。

ブログで収入を得られるようになると、家にいながら自分の力で稼ぐ楽しさを知ることができます。

夫に気兼ねなく買い物を楽しめるようになります。

ブログを通して、世の中に価値ある情報を届けることで社会とのつながりを感じられます。

そして何より、収入を得ることで自分に自信が持てます。家計も潤いますから、笑顔も自然に増えますし、旦那様に優しくできます(笑)

ブログを全く書いたことがない私でしたが、ブログで人生が変わりました。あなたも変わることができます!

もし何か参考になりましたら、メッセージいただけると嬉しいです(*^-^*)

また、私のメルマガでは初心者がブログを作成するまでのコンテンツを無料で配布しています。よかったら下のバナーからご購読くださいね(^^♪

ある方の名言をお借りして、あなたに送ります。

行動だけが人生を変える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です