Broken Link Checkerでリンク切れコンテンツをチェックしよう

記事作成をしていると、外部サイトへのリンクを貼ったり、メディアを挿入したりすることがあると思います。

そんな中、時間が経つとリンク切れになってしまうなんてことが起こります。記事はどんどん作成していくわけですから、対策をしていないとリンク切れになってしまったものはわからなくなってしまいますよね。

読者が記事を読んでリンクをクリックしたら、リンク先がなくなっていたとなると、読者にとっていいコンテンツとは言えなくなるわけです。

そこで今回は、リンク切れをチェックしてくれるプラグインBroken Link Checkerの導入方法を見ていきたいと思います。

Broken Link Checkerのインストール

下記記事を参考にBroken Link Checkerをインストールしていきましょう。

WordPressにプラグインをインストールする方法

2017.10.12

インストールが完了したら、「有効化」をクリックして、設定は完了です。簡単すぎましたね。

リンク切れになったら

Broken Link Checkerの設定が完了したら、リンク切れになったURLとそのURLを貼ってある記事をメールで知らせてくれます。リンク切れのお知らせメールが届いたら、なるべく早めに対応しましょう。

メール内のURLをクリックすると、WordPressのダッシュボード画面になります。一番簡単なのは、「リンク解除」ボタンをクリックしてリンクを解除する方法です。

記事内容を確認して、別のリンク先を挿入できそうな場合は別のリンク先に修正しておくといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です