Skype(スカイプ)の改行方法!エンターキーで送信しない設定【2019最新版】

2018年にskype(スカイプ)が一新され、それまでエンターキーで改行できるように設定できていた方法が使えなくなりました。

エンターキーで改行するのが当たり前になっていると、一行ごとにメッセージを送信してしまい相手にも迷惑ですよね。

しかし、その後のバージョンアップにより、win・mac問わずエンターキーでの改行が可能になりました。

では早速、Skype(スカイプ)の改行をエンターキーでできる設定についてご紹介します。

Skype(スカイプ)最新バージョンはエンターキーで改行設定できる

まず、スカイプの設定画面を開きます。

左側にある自分のプロフィール画像の横『・・・』をクリックして、設定を選択します。

設定の「メッセージング」をクリックして、「Enterキーを使用してメッセージを送信します」の項目を「オン」から「オフ」に変更します。

設定はこれだけです。簡単ですね(*^^*)

上記設定をしないまま、デフォルトの状態で改行する場合は、AltもしくはShift + Enterで改行することができます。

ちなみに現在のSkype(スカイプ)のバージョンは、8.36.0.52 となっています。ご参考までに。

間違ってメッセージを送信した後の対処法

エンターキーで改行ができるようになったわけですが、メッセージを違う相手に送ってしまったり、誤字を見つけたりとミスもありますよね。

そんな時に便利な機能をご紹介します。

送信してしまったメッセージ上にカーソルを合わせ、右クリックするとメニューが開きます。ここで「編集」や「削除」が可能になりますので、用途に応じて使ってみてください。

「引用」や「コピー」、チャットワークにある「タスク」機能などもありますので、試してみるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です