WebSub/PubSubHubbubの設定方法

自分の書いた記事をGoogleに知らせることが遅くなると、他の人が自分の記事を真似していた場合でも、自分の記事がコピーコンテンツ扱いになることがあります。

Googleからコピーコンテンツ扱いを受けると、サイト自体が低評価扱いを受けてしまい、新しく書いた記事が検索上位表示されることが厳しくなってきてしまいます。

そうならないためにも自分の書いている記事を早くGoogleに通知することが大切です。

そんなときに活用するのが「WebSub/PubSubHubbub」というプラグイン。

「WebSub/PubSubHubbub」を導入することで、Googleに自分の書いた記事をいち早く知らせインデックスしてもらいます。

Googleに記事を更新したことを早く知らせ、コピーコンテンツを防ぐことができるというわけです。

では、「WebSub/PubSubHubbub」のインストール方法から見ていきましょう。

「WebSub/PubSubHubbub」のインストール

まず、ダッシュボード内の「プラグイン」を選択して、「新規追加」をクリックします。

右側の検索画面に「WebSub/PubSubHubbub」と入力したらプラグインが出てくるので「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したら「有効化」をクリック。

「WebSub/PubSubHubbub」は「有効化」したら、その後、特に設定をする必要はありません。

Google Search Consoleでのインデックスも必要

自分が一生懸命書いた記事をコピーされ、その記事が自分の記事よりも上位表示されたら悲しいですよね。

そういったことを防ぐためにも「WebSub/PubSubHubbub」は導入しておきましょう。

ただ、気をつけてほしいのが、このプラグインをインストールしたからといって100%すぐに、Googleにインデックスされるというわけではありません。

より確実にインデックスされるために、記事を更新したあとはGoogle Search Consoleを使用してのインデックスも必ず行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です